レバー装置でVR操作

小型クレーン資格取得訓練用 VRトレーニング (その2)

小型クレーンのVRトレーニングコンテンツですが、VRの特性であるリアリティをより有効に生かすため、操作レバーの装置も作ることにしました。

VRゴーグルは『HTC VIVE』を使用しますので、リアルな世界でのレバーは、『VIVEトラッカー』と各種パーツを組み合わせて作ってみることにします。

まず、VIVEトラッカーと、VR内のレバーを連動させるようUnityで構築します。

このように、VIVEトラッカーの回転をVR内のレバーの回転に割り当てます。

VIVEトラッカーは、通信の不安定さをなくすため、PCとUSBケーブルでつないで使用する方が良いかと思っています。

映像の通り、動きは正常なようですので、次に操作感が近くなるよう、レバー装置を組み立てていきます。

VR内のレバーはこんな感じです。実際の小型クレーンと同様の形状・仕様で3Dモデルを作っています。

これに操作感が近いものをリアルで組み立てます。

部品を通販でいろいろと取り寄せてみました。

2つのバネを使って弾力性のある抵抗を持たせた回転レバーにします。

4つの回転レバーを設置してみました。
棒の付け根の回転軸部分にVIVEトラッカーを設置しています。

ちょっと安定性がなさそうですね。

足の部分に砂袋を置いて固定してみました。

さて、どうでしょう?

操作してみたみた感触ですが、ちょっとレバー装置全体がぐらぐらします。

また、手を離した時のレバーの戻りが弱めです。

このあたり、さらに調整していこうと思います。

ただ、小型クレーンの動きはけっこうリアルに感じ取れます。

フック部分が揺れないように移動させないといけないのですが、実際やってみるとつい揺らせてしまいます。

クレーン操作の難しさがかなり実感できます。


このコンテンツは以下の展示会にて公開予定です。

●第30回 府中市工業技術展『ふちゅうテクノフェア』
 日時:10月18日(金)・19日(土) 午前10時~午後5時
 場所:府中駅前「ル・シーニュ」5F 

●第22回産業交流展2019
 日時:11月13日(水)~11月15日(金) 
    10:00~18:00(15日のみ17時まで)
 場所:東京ビッグサイト 青海展示棟A・Bホール
 https://www.sangyo-koryuten.tokyo/