クレーンVR訓練

小型クレーン資格取得訓練用 VRトレーニング (その1)

VRコンテンツの開発実績も随分たまってまいりました。

そこで、弊社でもオリジナルのVRコンテンツの開発に挑戦することにしました。

基本的に、今のVR利用で注目されているのがBtoB、それも教育訓練用のコンテンツです。そこで、「VRトレーニング」というテーマで我々もいくつか開発してみようと思います。

まず、第一弾として、「小型クレーン」の資格取得のための訓練用のコンテンツです。

小型クレーンの資格というのは、実は国家資格。
もちろん、そうそう事前に訓練する機会はありません。そこで私たちのVRコンテンツがお役に立てればと思います。

まずはUnity内での制作です。

訓練場の風景、クレーン、そしてクレーンを乗せたトラック、などを準備し、動きの調整を行いました。

なんと言っても、クレーン操縦でのワイヤーの動き、荷物を先につけてからの重さの表現、こういった物理演算の処理が一番の課題です。

遠目から見たところです。

せっかくVR内で訓練するならリアルな雰囲気でなければ意味がありませんから、そこで、風景もできる限り丁寧に作っております。

そして操縦です。
操縦者の目線ではこのような感じになります。

これは、操縦に失敗した感じです。実際にこんな風に失敗するとかなり危険であることが良くわかると思います。

実際の資格取得試験では、荷台から持ち上げて、決められたコースで荷物を一定の高さで浮かせたまま移動させ、最後にまた荷台に戻ってくるような操作をするそうです。

ゆらゆらと揺らしてしまわないように静かに移動させなくてはなりません。

こちらはまあまあな感じです。まだ微調整を続けています。

Unity内での動きはおおよそできてきましたので、これを、VRコンテンツとして操作させるための仕組みが必要ですね。

それについても、よりリアルな操作感になるよう、いろいろと工夫、試作を重ねております。

次回またご報告させていただきますのでご期待ください。

ちなみに、このコンテンツをUnityで制作している弊社のメンバーは、実際にこの小型クレーンの国家資格を取得しています。

なお、このコンテンツですが、以下の展示会にて公開予定です。

●第30回 府中市工業技術展『ふちゅうテクノフェア』
 日時:10月18日(金)・19日(土) 午前10時~午後5時
 場所:府中駅前「ル・シーニュ」5F 

●第22回産業交流展2019
 日時:11月13日(水)~11月15日(金) 
    10:00~18:00(15日のみ17時まで)
 場所:東京ビッグサイト 青海展示棟A・Bホール
 https://www.sangyo-koryuten.tokyo/