マイクロソフト「HoloLens」 かつてないAR体験

マイクロソフト「HoloLens」の第一印象–かつてないAR体験を実現するヘッドセット

要旨;

  • MicroSoftが発表したARヘッドセット「HoloLens」のAR体験が素晴らしい。
  • 「Oculus Rift」などより小さめ。サムスンの「Gear VR」とは全く異なる外観。
  • 首からぶら下げる箱の中に、「Holographic Processing Unit」が収納されており、昔ながらの電源コードも接続されている。
  • 仮想現実(VR)と違って、ユーザーの感覚を完全に乗っ取るわけではない。
  • 発売時期は未発表。Windows10と同時期という噂もある。

感想;

記事を読むだけではその意味がよく分からなかったのですが、以下の動画を見て一気にイメージが広がりました。

まず新鮮だったのが、ビューワーとしての機能だけでなく、センサーも付属している点です。

記事によれば首にぶら下げるユニットというのがセンサーなようですが、制度の良い音声入力もついているとのこと。

AR用のヘッドセットということですが、映像を見る限りはアプリケーション、コンテンツの作り方次第ではVRとしても利用できるのではないかと想像します。

個人的な印象としては、他のヘッドセットよりも一歩抜きんでているように思いました。

ゲームなどエンターテインメント的な利用だけでなく、生活文化そのものを拡張しようという意欲が映像から感じられたことによるものかと思います。

ここ最近のMicrosoftの動きを見ていると、なんだかクールな企業に変貌しつつあるように感じます。